2015/09/02

成功したけど複雑な気分



復帰後の腕慣らしに試作しました。

ドール服の基本中の基本、
ウエストにダーツが入ったノースリーブワンピースです。

型紙は以前作った自作の物を修正して使いました。
本番で使う布が少ししかないので、この試作では適当な布で縫ってみたのですが
一発でイイ感じに出来上がってしまいましたよ。絶対、修正が入ると思ってたのにぃ。
こんなんだったら、最初から本番布で縫えば良かったな。
これからあと2枚同じ服を縫うの面倒になってきた~。
試作は大成功でしたが、ちょっと複雑な気分です。

今回試作して思ったのは
ウエストダーツでも正確に作ればボディに綺麗に添わせることが出来る、と言う事。
胸ペチャMSDボディだから可能というのもあると思いますが。
今まで脇からの逆J字のダーツでないとボディにピッタリ添わせるのは不可能だと
思ってました。
でも、ウエストダーツでも型紙をきちんと作って、正確に丁寧に縫えば、
ここまで綺麗に添うことができるんだな~。
おかげで上半身がコンパクトになり、スカートとのバランスが良くなった気がします。
スポンサーサイト
裁縫
2015/09/06

さよなら都産貿(浜松町館)



ドールショウ44 浜松町FAINAL に行ってきました。

もうね、パンフレットを買っただけで感極まっちゃいました。
イベント名に「ファイナル」と付いてて、イラストの女の子が涙目の笑顔なんですよ。
あ~ホントに都産貿(浜松町館)なくなっちゃうのかぁ~
昨日までどっか絵空事だったけど、会場でパンフを見て実感しました。寂しいなぁ。
そんな気持ちが皆さんにもあったのか、今日は来場者が多かったです。

ドールの種類が以前と比べて増えましたね~。
知らない子がいっぱい居ました。(それは私の勉強不足もあるのですが)
そして、SDキャスト系ドールが減ったような・・・。
特に私には高嶺の花であるキャスト系の男子が
減ってしまったような気がして・・・。どーして??彼らを見るのが楽しみなのに。
ボークスのドルパとの住み分けが出来てきているでしょうか?
それとも時代の流れ?(←それは嫌だ)
ドルショはいろいろなドールを見られるのが売りで、それはそれで楽しいけど
私の本命はキャスト系なので、少ないのはちょっと残念でしたね。

上の写真は、企業出展の「ビジュアドール」。
雰囲気が素敵だったので撮影させてもらいました。(Blog掲載承諾済)
こんな感じのリアルクローズをうちの子に着せたいなぁ。。。
どうやったらこんな雰囲気だせるのかな、うう~ん、恰好良いです。憧れます。

イベントの帰りには、
お友達に小判ザメして秋葉原のドールショップを何軒か巡ってきました。
実は私、新しくなったラジオ会館すらも初めての情けない有様でして
今のアキバのどこにドールショップがあるのか、さっぱり判りません。
ガイドしてもらって助かりました。(ゆえちゃんありがとう!)
DOLKの2階なんて、教えてもらわないと、まず行けないね。
1階を見ただけで帰っちゃうよ~。

よく、手芸店めぐりガイドブックってあるでしょ。本でも、雑誌の特集でも。
そういう感じでドールショップのガイドブックを誰か出してくれないかなぁ。
私、絶対に買いますよっ!
イベント・レポ(一般参加)
2015/09/07

結局、3枚縫いました



ドルショで買ってきたスナップを縫いつけて、ノースリーブワンピースが完成しました。

本番の布は、花がボーダーで散っている柄で場所を選んで裁断しました。
気に入った布でのお裁縫は楽しいです。
適当な試作布とはテンションが数段違いますね。
大好きな布を失敗で無駄にしたくないので緊張もしますけどね。

やっと白蓮に初めてのお洋服を縫ってあげられました。
そして、うちの子たち初のお揃い服です。

でも、正直なところ・・・・着せてみて感じたのは、
まるっと全部お揃いというのは少々つまらないような、味気ないような・・・・。

写真で見る分には、つまらなくは見えないかな??
普段の置き場所が本棚で、狭い場所に二人押し込んでるから、そう感じるのかもしれません。

眺めているうちに、まるっとお揃いが気に入らなくなってきて
在庫で似たような布をひっぱり出してきて3枚目を縫いました。
試作段階で「あと2枚縫うのめんど~い」とか言ってたんですけど。
面倒よりもこだわりの方が勝った!今回は。



↑この写真がなんちゃって色違いバージョンです。どうでしょうか?

本棚に並べたときは、白&紺でイイ感じで収まってます。
写真では、柄の違いが目立ってしまったような。。。

あーこれはもう、今後、布を買う時は
同じ柄を色違いで揃えなさい!と言うことなんでしょうね。

ふたりっ子のお揃いは奥が深そうです。研究します。

ところで、前回からお気づきの方がいるかもしれませんが
ボディが本来の自分たちのボディではなく
初期子がSDミディ、白蓮がMSDのボディを付けています。深い意味はありません。
ふたりでお洋服を交換する時に
着せ替えするのが面倒、特に靴を脱ぐのが面倒なので、
ヘッドの方を交換しちゃう荒業をやっています。
同じサイズだと便利ですね。

裁縫
2015/09/09

少年服が作りたい



ノースリーブワンピの反動で、少年服が作りたくなりました。
白蓮はAsexual Bodyなので少年もイケるかなぁ~と思って。

でも少年服ってどんな服だろう? 作ったことないかも。
まだコーディネイトもイメージすらも決まってないけど
今、お針子熱がすごーーく高まっているので、見切り発車で作業開始。
とりあえずパンツを作れば少年服への第一歩でしょっ、みたいな。

そんな訳で、7分丈のゴムパンツを縫いました。

ゴムパンはサクっと簡単に出来るので気が楽です。
裾にレースを付けたくてムラムラしたけれど、
少年服だから今回はレースは封印します。代わりにピンタックにしました。
え?ピンタックも少年っぽくない? 
ん~他に少年服のデコレーションが思いつかなかったのですヨ。

さて、当面の悩みはゴムパンの前後の目印をどうするか?
普段ならお腹のところにリボンやレースモチーフ、ビーズ等を付けますが
少年服だから女の子っぽくない別の何かを。。。う~ん、どーしましょうかねぇ。
裁縫 | Comments(0)
2015/09/11

まるっと交換



MSDボディ → SDミディボディの有償交換のキャンペーンが告知されてたのですね。
うちは会誌が届かなくなっちゃったので、昨日知りました。 待ってましたぁ~!
(http://www.volks.co.jp/sumikafair/2015/campaign/)

えっ?お値段、3万1千円?!
スタンダードはお洋服も付いて4万デスヨ? ちょいと高くないですかね。
ごめんなさい毒吐きますけど、
ぶっちゃけ、これって下取り価格と言うよりも、
リサイクル料が乗っかってる感じがしてしまいました。。。
(レジンはリサイクル出来ないから、本当は処b・・・ゴニョゴニョ)

さて、うちには今、ボディが3つありましてね、
1) SDミディ(オリジンボディ)=白蓮
2) MSDピュアスキンUV付き=初期子
3) MSDピュアスキンUV無し

3は、お裁縫のトルソーを務めてもらってます。
UV無しは黄変しやすいのが評判(?)で、今やもう末期色(=真っ黄色)です。
交換するには丁度良い機会ではあります。

お針子者としては
ミディの分割ボディを入手できれば、全種類のボディを持つことになるので
製作したお洋服を全種類でチェックできるなぁ~なんて思ったりもして。

まだ期間があるので、よ~く考えよ~。
ドール雑記 | Comments(0)
2015/09/14

ボタンでピンバッチ



少年服のコーディネイトをあれこれ考えながら、ピンバッチを製作中です。
材料はエンブレム風の金色ボタン。
足をカットしてブローチピンを貼り付けます。

すぐ出来そうじゃん!と作業を始めてみたら、このボタン、金属製でした。
普通のニッパーでは切れないよぅ~。

ピアノ線も切れるごっついニッパーでひとまず粗断ちして
その後、ルーター(上の写真、歯医者さんの道具みたいなヤツ)で
ピンに干渉する部分を削り取りました。
ごっついニッパーは刃の形状上、根元できっちり切れないのですよ。
ルーターで削るのは一個につき15分くらい必要で、
思いの外、すぐには出来ませんでした。

でも、お陰でルーターで削りながら思いついた!
このピンバッチ、ベストに付けたら少年っぽくて良いんじゃないかなぁ~って。
過去に作ったベストに乗せて写真を撮ってみたけど、どうでしょ?イケそう??
ちょっと大きいかな? 
このベストの形はちょっと少女っぽいので、シャープな形に変更する予定。
ビーズ&アクセサリ | Comments(0)
2015/09/22

カジュアルなベスト



ベストが仕上がりました。

型紙が既にあるというのは、なんと楽なことか。グッジョブ、過去の自分!
調子に乗って2種類つくりましたよん。
写真右は、以前作った型紙をそのまま使って作ったもので
左が型紙にアレンジをかけた少年服コーディネイト用のベストになります。


写真左の少年用ベストは、
ボタンは閉じない前提で、前は止まらないサイズです。
前身頃が脇腹に向かって自然に落ちる感じに設計。(平置きだと変に見えますが)
ボタンホールは雰囲気重視で、なんちゃってホールステッチを付けました。
ここはかなり迷ったよ~。付けるか付けないか、どんなボタンホールがいいか。
常に前を開けた状態でボタンホールが無いと左身頃がちょいマヌケなんですよね。
ミシンでは到底できないサイズのボタンホールなので、
手縫いやミシンで二本線とか、四角に縫ってみたり、ジグザグしてみたり。。。
結果、写真の様な一本線を折り返し縫うタイプにしたのですが、
面白いもので、この線の長さ、理論上の長さにしてしまうと見栄えが悪い。
ボタンよりもちょっと短いくらい(つまりボタンが通らない)が
見栄え的には収まりが良いのでした。

人形の服でも家具でも何でもそうですが、ミニチュアって
人間用の作り方でサイズダウンだけをすればいいって訳じゃないんですよね。
上手く嘘を盛ってアレンジすることでリアリティを出す。
この考え方がすっごく好きです。
だってさ、布の厚みや密度は絶対に1/4に縮尺できないもんね。


写真右のベストは、
前は閉じても閉じなくてもOKで。裏にスプリングホック付き。
前身頃にレースを重ねてガーリーテイストに。
少年服が作り終わったら、
きっと次は、それに合う少女服が作りたくなるのよ、自分。
それを未来予知して作っときました。
裁縫 | Comments(0)
2015/09/28

小さい子は何かといろいろ難しいねぇ



放置気味だったブラウニーちゃんズのお手入れをしました。

なにをしたかと言うと、
新調したグラスアイに合わせてアイホールの裏を修正して
顔の黄変をヤスって
メイクをし直して
新しいお洋服を縫いました。

ん~どれも満足な出来ではなくて、、、、。小さい子は難しいなぁ。
小さい子は至近距離で眺めるので、アラが目立ち易いのよね。。。

どれもこれもやり直したいんだけど
細かい作業で気力を使い果たしてしまったので
ブラウニーちゃんズはひとまずこれで過ごして頂きます。

ブラウニーは本来はもっと可愛いはずなのに、ちっとも引き出せなくてゴメン。
裁縫 | Comments(0)
 | HOME |