2009/05/07

みすや針

0156.jpg

今まで針は双鳳を使ってました。(写真右端)
京都の老舗、みすや針は憧れだったので
デパートの催事出店を聞きつけて、喜び勇んで出掛けていって
写真の品々を買ってきました。

これ、2月の話なんですが・・・・その後、だいぶ寝かしちゃいまして・・・・エヘヘ

パッケージが渋くてイイですなぁ~。見るからに老舗って感じです。
和針しか扱ってないと思ったら、刺繍針もありました。
待ち針は、売り子のおばちゃんトークにつられて購入してみたのですが
布通りが良くて細いので、ドール服の製作にぴったりでした。

で!気になる和針の縫い心地なんですが・・・
ううう~ん・・・・・・双鳳との違いが分かんないデス。。。。

このレベルになると、もう、どれもイイって事なんですね。期待しすぎたかぁ~w

ま、それでもいいんですよ。みすや針は憧れだったから。
ミーハー心が充分に潤ったので満足です。
この渋いパッケージを眺めてウットリしつつ、大切に使いたいと思います。

"続きを読む"は、
針のオススメについて書いてみました。
さすがに本日のBlogエントリをみすや針ミーハーな話だけで
終始するのは恐縮だったのでw
自己流と言うか、私の経験上なので、ご参考までに。。。。。
内容は初心者向けなので、ご了承あれ。

針は細めをお薦めします。
初心者は太い針を使いがちだけど、
細口手縫い糸が通るくらいの針の方が綺麗に縫えますよ。
種類で言うと、普通のよくある木綿プリント布を縫う場合で
和針三ノ三、三ノニ またはメリケン8号あたり。
長さは初心者は長針がいいみたいです。

針のメーカーは、双鳳、みすや針までランクアップしなくても、
ぜひ手芸屋さんで売ってるヤツを買いましょう。CLOVERとかでOK。
100均はダメですよ。あと裁縫箱にずっと眠ってた錆びたヤツもNGね。
糸も同様。古いやつは「もさって」ます。
もったいないけど買い替えた方が、ドール服成功への近道。
そのときは、細口手縫い糸を選んでくださいね。
ミシン糸と手縫い糸は、糸の拠り(ねじれ方)が違います。

余談。
「もさる」って辞書に載ってなかったけど、方言??
毛羽立ってる。切れやすい。って意味で使ってますが・・・


なんだか偉そうに語ってしまいましたが、ご容赦くださいませ。
すべて私の試行錯誤の体験談です。
針と糸が変わるだけで、腕が上がるんだから驚きですよ。
私なんて、ひっどいモンで2年くらい前までは刺しゅう針で
縫ってました。(糸が通しやすかったから)
それがちょっといい針で適切な種類を使って、なみなみしたら
格段に綺麗に!あっら~ビックリ。
やっぱり道具選びって重要だなぁ~って思いました。
スポンサーサイト
裁縫アイテム