2012/04/18

上手くいったり、いかなかったり

0502.jpg

前回の続きで、ボアウィッグの話。

ちと残念な出来だった3コ目のボアウィッグ(ビフォアー写真)をカットしてみました。
おぉ~意外と上手くいったじゃん。ヤッタ~

上の写真は少々地味で写りが映えないんですが、実際はもっと可愛いのよ。
過去に市販ウィッグを5~6個(いや、もっと多いかも)をセルフカットして
駄目にしている自分としては、成功した部類なんですよ。これでも。

だけど、こんなに短くカットしてしまうと、カチューシャが似合わな~い。(>_<);
前回にも書いた通り、ボアウィッグの欠点である「頭にフィットしない」と言う点を
カチューシャで押さえつけてカバーしていたのに、似合わないんじゃしょうがない。
さらに、カットするときに両面テープでヘッドに固定して剥がしたら、
ウィッグが伸びてガバガバになってしまいました。ショボーン
せっかく上手くカットできたのにぃ。
そういえば、他の2つも脱着を繰り返しているうちに伸びてきたような・・・・。

で、その対策を考えてみました。 
 
etc052.jpg

解決方法は単純。
ゴムカタン糸でウィッグの縁をぐるっと一周、なみ縫いしました。
割と適当ななみ縫いですが、ボアに厚みがあるので表からは見えません。
ヘッドよりも小さくなるようにゴムを縮めたら、両端をしっかり結んで完成!
これでガバガバなウィッグも復活です。こめかみも浮きません。
この方法はぜひお薦めしたいわぁ~!
伸びて使えなくなったボアウィッグを死蔵している人、試してみる価値アリですよっ。

ワタクシのお友達に限りましては、ゴムカタン糸をお分けしますよん。
いっぱい余ってます。 20cmもあれば十分なので買うほども無いですw 一声下さいまし。



そんなこんなで悦に入って、ボアウィッグを被せ続けていたら
最後にオチが付きました。。。www

ハイ、察しの良い方はお分かりでしょうが、ヘッドに色移りです。
ボア布地の色ではなくて、型紙を写し取るときに使った油性の赤マジック、
コイツが色移りしたよ。ガーン。。。油性なのに、なんでぇ~????

そういう訳で、このウィッグはボツ。この後にゴミ箱行きです。さよーなら~

上手くいったり、いかなかったり。ガッカリしたり、喜んだり。
試行錯誤は楽しいです。
方法が分かったので、ウィッグは作り直しま~す。


スポンサーサイト
裁縫