2016/03/16

ピンタックに憧れて

0631.jpg

先日のオフ会で、とても素敵なドレスをお借りしました。一ヶ月過ぎた今でも思い出すとココロがときめく繊細なピンタックがたっぷり入っててね、本当に素敵だったんですよ。あんな風にピンタックが縫えるようになったら格好イイだろうなぁ~そういえば、ちょっと不思議なピンタックも入ってたっけ?あれ、どうやって縫うのかな?

そこでグーグル先生に調べて頂いたところ、こんな押えを発見しました↓

etc062.jpg
(画像はミシンのオズ様からお借りしました)

ピンタックの押えは、2mm押えとか、幅の狭い押えを指すのだと思っていましたが、実はちゃんと専用の押えがあるんですね。知らなかったです。これを入手すれば綺麗なピンタックが縫えるようになりそうです。お値段もそんなに高くないよ?憧れが一気に現実味を帯びてきました。

とーこーろーがー! ウチのミシン、直線専用なので、二本針は使えないんでした。。。あぁ残念~~。

ガッカリしつつも、しぶとく調べていたら、段付き押えでピンタックが縫えるとの事。これならウチにありますよ。右段付き押え1.5mm!使ったこと無いけどねw

そんなこんなで、初めて段付き押えを装着して縫ってみたのが、冒頭の写真です。
段付き押えは片側にバネが入っていて、押えを下した時に微かに段差が出来るので、それをガイドにすると折り目の超ギリギリのキワキワを縫えました。ヤッター!

(ちなみに写真では、格好つけてドールと布を配置しただけなので、実際に縫う時はこういう布の置き方はしません。二つ折にして縫います。念のため)

ただ、この段付き押えにも欠点はありまして、、、押えの幅が広いのでピンタックの間隔を詰めるのが難しいのです。写真は10mm間隔で折り目を付けて縫ってみたところ。これを8mm間隔にすると、先に縫った目が押えに干渉してすっごく縫い辛いのです。縫い線が曲がっちゃう~。

ん~これは特訓すれば曲がらずに縫えるようになるのかな? それとも、素直に幅の狭い普通の押えを買った方がいいのかな? どっちかなぁ~
スポンサーサイト
裁縫 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示