2016/08/14

目途はついたけど、課題はたくさん

0643.jpg

パーカーの試作の目途が付いたので写真を撮ってみました。

悩んでいたチュールレースの分量は、想定していたよりもうんと狭く短くしたら落ち着きました。だけどその分縫いにくくなりました。ギャザーは長いよりも短い方が難易度が高いのです。このパーカーのギャザー比は土台に対してだいたい2.5倍くらい。チュール素材だと作業的には3~4倍がいいんだけどね。(←注:個人的な感想ですw素材や技術差あります) 倍率が少ないとギャザーを均等に散らすのが難儀な上にミシンの時にズレやすいんですよ。そういう時はいつもよりもしつけを細かく丁寧にして対応します。ひと手間、大事~。

0644.jpg

開きはアメリカンホックにしてみたものの、留め外しが固くて固くて・・・断念します。7mmサイズの小ささになると金属の粘りが効きにくく、その上に伸びるニット素材に合わせようとするのは無理っぽい。生地が伸びて、自分の爪が割れました。。。本番は普通のスナップ+飾りボタンに変えます。似合ってたので無念だなぁ。

ところで、アメリカンスナップの付ける向きは凸が下側になるのが正解なの、知ってました? 私、今回ネットで調べて初めて知りましたよ。驚いたぁ。上の写真は凹が下だから本当は間違いです。普通のスナップと逆なのはなぜ?不思議。。。

インナーのコーコーディネイトは以前作ったのがあるのを思い出し、合わせてみたらいい具合でした。だけどパーカーの丈をあと5mm増やしてバランスとりたい。やっぱ試作の前にコーデは決めておくべきなのね。型紙の修正をしなくっちゃ。

そんなこんなで、試作の目途は付きましたが、課題はたくさん残ってしまいました。あとはぶっつけ本番で調整します。残った材料で何着縫えるかなぁ~。
スポンサーサイト
裁縫