--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/12/09

Zuzu-Delfボディ検証

0057_20081209105125.jpg

おねぇちゃんのマフラー、ぐるぐる巻き。

"続きを読む"は、Zuzu-Delfボディの検証です。
裸あります。注意。

他に持っているドールがMSDだけなので、かなり主観的です。
そして、ちょいと辛口。

0064.jpg
白猫です。白いレジンキャスト、とてもいい感じで
素焼きの陶磁器を連想させます。
身長は19cm。
頭デカイです。写真ではあまり上手く撮れませんでしたが
とにかく後頭部が大きくて重い!
だから立つのが苦手で、後ろにすぐ倒れます。
ヒザ、股関節がかなり緩めなのも原因かも。
あと左足が0.5~1mmくらい長い気がする・・・
間接のかみ合わせが悪いのかしら??

ボディは2分割。しかしほとんど機能しません。
ひねれないし、屈伸もほぼできない。
立たせる時にバランスをとることができる程度。

おなかはポッコリ。メタボ気味w でも、そこがイイ。

0065.jpg
腕のポージングはMSDより出来ます。
手首もよく曲がります。これが出来なきゃ招き猫ができないもんね。

手と足の形が猫です!(あたりまえだが)
ボディ塗装は肉球と尻尾のみ。
肉球がとても可愛い~~。
でもこの独特の形のために、服の袖には制限がありそう。
手首のSカンは気軽に外せる感じではありませんでした。
靴も既存のものは難しいかも・・・

興味深いのは股関節のスリット。(写真見えますか?)
中心から二方向にあります。ボークスのはL字ですよね。
ぺたんこ座りができます。でも、頭が重くて確実に倒れます。

0066.jpg
頭のフタと尻尾はマグネット。
フタを取ったら、とたんにお座り上手になったので
やっぱしこの厚いフタが問題か・・・
頭の中にはLutsのプレートが貼ってあります。

瞳はアクリルアイ。18mm。
届いた時、グラスアイかと思ったくらい光がよく入ります。
次回Lutsの通販をする機会があったら、ぜひこのアクリルアイを買ってみたい!

0067.jpg
メイクは、スタンダード版の場合、
デフォルトメイクにちょこっとオーダーを聞いてくれるとの話でしたので
「釣り目にしないで優しい顔で」と依頼しました。
実際のところ、このオーダーが反映されてるか微妙だけど
メイクはすっごい綺麗です。落ち着いたピンクの色味が好み!!
限定のDocterのメイク(シャム猫)も素敵だったけど、こっちを選んで良かった。
実は発注してから、限定販売の告知があって、ちょっとショボーンだった時期があったので・・・・

猫ドールの造詣は、時として怖かったり、アニメチックすぎたりしますが
このZuzu-Delfの猫は、ほどよいデフォルメとリアルのバランスがあって
人間ドールの隣に座っても、わりと難なく馴染んでくれるようです。

以上、長くなりましたが、ボディ検証レポートでした。
スポンサーサイト
ドール雑記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。